保育の特色2

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★専門の体育講師による体育遊び毎週1回、専任の体育講師によりマット、鉄棒、ボール、なわとびなどさまざまな体育器具を使って、楽しく体育遊びを行なっています。発達段階を考慮し、強い身体作り、バランスよい体力の向上をめざしています。

また、集団による体育指導を通じて、ねばり強くがんばることや、友だちと力をあわせて取り組むことのすばらしさを感じとらせていきたいと考えています。夏期にはプール指導にも力を入れ、楽しみながら無理なく水に慣れ、最終的には泳げることを目標に頑張っています。

 

★低鉄棒の指導

卒園時までに低鉄棒の「さかあがり」が全員できるようになるのを目標にしています。

★はだか体操・乾布まさつ

毎日、朝礼時に「はだか体操」、「乾布まさつ」を実施しています。
普段から皮膚や呼吸器をきたえて抵抗力をつけることは、かぜやアトピー性皮膚炎、ぜんそくの予防に効果的です。

写真
 

音楽を心から楽しむ気持ちを養ったり、正しい音感を育てることなどの基礎は、 幼児期の音楽体験の豊かさが大きく影響します。 当園では、楽しく歌う経験を大切にし、音楽への興味を刺激します。 また豊富に楽器をそろえ、いろいろな楽器に親しむ機会を多くしています。 鍵盤、ハーモニカなどの個別指導にも力を注いでいます。

また、日頃楽しんでいる歌や合奏は、10月の運動会での鼓隊パレード(年長児)や12月の 音楽リズム発表会、2月のお遊戯会で発表しています。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□