事業概要及び財務状況

法人の概要

★名称 学校法人 谷口学園(昭和46年11月29日法人設立)
★代表者 理事長 谷口富美
★住所 大阪市阿倍野区文の里3丁目15番28号
★電話 06-6629-2323
★FAX 06-6622-3250
★設置する学校 住所:大阪市阿倍野区文の里3丁目15番28号名称:文の里幼稚園
★役員 理事6名、監事2名、評議員13名理事会 2回開催評議員会 2回開催
★職員 14名

事業の概要(文の里幼稚園)

★★★ 教育方針

「みんな仲よくがんばる良い子」という言葉で表わされるように、この幼児期に集団生活の中でしかできない経験を大切にしながら、子どもたちが、その心、体、知力を一緒に成長しあっていけるように、あたたかく育みます。

★★★ 教育内容

毎日の保育指導を通して食事・排泄・着替など基本的な生活習慣の自立をはかります。運動会・お遊戯会などの行事に先生を中心にみんなで取り組みがんばることで、単に発表する内容が「できた」ことだけでなく、ものごとの意欲、達成感、一体感、自信など、一人ひとりのこどもにとって大切な心を育てます。

3歳児 4歳児 5歳児 クラス数計 園児数計
クラス数 園児数 クラス数 園児数 クラス数 園児数
定員 1 35 2 70 2 70 5 175
27年度 2 57 2 62 2 63 6 182
28年度 2 52 2 63 2 60 6 175
29年度 2 53 2 58 2 64 6 175

★★★ 保育時間

月~金曜日午前9時30分~午後2時30分

★★★ 納付金

保育料 年額288,000円(12分割均等納付)
給食費 週5回(月1回弁当) 1回300円(平成27年度)
施設協力費 年額25,000円
水道光熱費 年額5,000円

★★★ 入園時の費用

入園料 40,000円

★★★ 預り保育の時間及び費用

月~土曜日 午後7時
(土曜日、夏冬春休み中の預かり保育は午前8時~午後7時)

1日1,000円~1,200円 / 月額12,000円

★★★ 行事実施状況

親子の集い、日曜参観、七夕、宿泊保育、移動動物園、運動会、みかんぶどう狩、音楽リズム発表会、クリスマス、おもちつき、お遊戯会、お別れ遠足、おすもうさん来園

★★★ 施設関係

園地面積810m2 運動場面積560m2

★★★ 設備関係

消防設備の保守・点検

★★★ 事業報告

 平成28年度の事業は、前年度より園児が7名減少し定員を遵守、保護者の協力を得て役職員の真摯な努力により、着実に運営することができた。
 平成27年度4月より子ども子育て支援新制度がスタートしたが、新制度移行が進み、大阪府発表によると平成29年度は271園が私学助成となる。当園は、私学助成を継続している。
さて、幼児教育無償化の1環から、就園奨励費(上限308,000円)の拡充が進み、第2子半額、第3子全額が普及しているが、特に大阪市は、平成28年度より5歳児、平成29年度より4・5歳児の保護者を対象に収入にかかわらず、就園奨励費の上限(308,000円)まで支給することとした。12ヵ月均等納付の場合、1ヵ月25,700円となる。
 新制度への移行の場合、給食費、上乗せ徴収費を保護者負担以外に徴収することになるので、私学助成と支払額に差が発生する場合があるので、慎重に対応していくこととする。
 また、保育士不足の解決策の一環から、来年10月より育児休業期間が最大2年間に拡充される等から、0歳児1歳児の保育所受入を抑制し、2歳児の受け入れに誘導されることになる。小規模保育施設(定員19名)の普及が広まっているが、3歳児からの連携施設として整備することが求められている。当園としては、新制度への移行はせず2歳児の受け入れを積極的に実施し、私学助成を継続していきたい。
 一方、採用難が常態化しているが、教諭免許、保育士資格に拘らず、預かり保育及び特別支援児への対応をパート・契約職員を積極的に採用し、教諭が本来業務に専念できるよう働き方を見直すこととすると共に、教育実習の積極的な受け入れ、養成校と提携する等採用方法の見直を進める。
 自己評価については、確実に実施し公表している。また、その自己評価の内容を、学校関係者評価委員会で検討し内容を別紙のとおりまとめた。内容を精査・検討し新年度の評価項目を策定することとした。

財務状況報告書及び自己評価表はこちらから

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□